自然と共に生きる知恵と喜びを学ぶ

イベントのご案内

過去のお知らせ

満員盛況の「薩摩琵琶を聴いてホテルでランチ」

特定非営利活動法人きみかげの森の総会を開き、そのあと奈良パークホテルで薩摩琵琶を聴く会を持った。同時に奈良パークホテルの会席料理をいただく設定なので人数が集まらなかったら赤字になるのではと心配していたが、会場いっぱい合計120人もの人たちが参加してくださった。奈良新聞の甘利社長、奈良日日新聞の藤山社長夫妻、東大阪市の川口副市長、小林茂樹衆議院議員、大坪宏通県議、三浦教次・松下幸治両市議、上方舞の師匠、坂本流の名取など多士済々、いろんな世界の顔ぶれで嬉しかった。

関川鶴祐さんの格調高い琵琶の音と朗々とした語りに皆さん感激してくださった。徒然草、平家物語、信長の本能寺の変など関心の深い歴史の演目なので時間の経つのも忘れるほどであった。 食事の時間の間にきみかげの森の活動をプロジェクターを使って紹介、具体的に日頃から取り組んでいることが理解できたと喜んでいただいた。村上理事が編集してくださったものでよかった。

総会も含めていろんな声がある中で、「最近の子供は外遊びをしない。コミュニケーション能力に欠ける。親も子どもにとって危険なことを過度に避けようとする。だから自然に触れる機会がない。」などが一致した意見であった。

都祁の村おこし「日の出マーケット」に参加

都祁交流センターで3月29日「日の出マーケット」が開催された。地域支援協力隊の人達が中心となって都祁地域の約20団体を巻き込んだ村おこしイベントである。わが「きみかげの森」も参加、シイタケの菌打ち体験と吉野からチェーンソーアートの助っ人に来てもらってこの事業の盛り上げに協力した。

好天に恵まれたもののあまり広報が行き届いていなかったのか、主催する方が張り切っていたのにお客さんが少なかった。だけどシイタケの菌打ちやチェーンソーアートは珍しいせいか、立ち止まってみる人が多かった。約1時間かけてフクロウと鷲のチェーンソーアート作品が出来上がり感激!きみかげの森に寄贈いただいてまたまた感激!

松本真理子さんの金曜トークサロンにゲスト出演

1月31日の夜、郡山城ホールで松本真理子さんの金曜トークサロンが開催され、「きみかげの森から・・・」とのテーマで森岡理事長がゲストとして話をした。約100名の人達が集まり真理子さんの軽妙な突っ込みに森岡理事長も乗せられていままでしゃべったことのない生い立ちや奥さんとのなれ初めまでしゃべってしまうハメに。

だけど政治の世界を抜け出してからどうして森や畑の世界に入ることになったのかなど会場から質問もあった。また郡山城ホールのスタッフの皆さんも手伝っていただきとても温かい雰囲気の催しとなって良かった。きみかげの森の皆さんが会場で、「蕎麦棒」 「よもぎ餅」「かやくご飯」「こんにゃく」「コンニャクエキス入り化粧品」などを売り、ほとんど完売となったことも収穫であった。

森岡理事長はパワーポイントを使ってきみかげの森の活動を報告、これもはじめての試みであったが、会場の皆さんにはわかりやすかったのではないかと思う。

木工教室

奈良市のボランティアセンター主催のイベントがあって我がきみかげの森は木工教室を開いた。あらかじめ材料や道具を用意しておいたのでそれを使って花入れ、サンタさんなどいろいろな作品ができた。参加者には初めの一点は500円、2点目からは200円の実費をいただくことにした。参加団体がいろいろな展示をしているのに一般の来場者が少なかった。せっかくいい企画なのに残念であった。

 この催しに対するマスコミへのアピールがなかったのも、原因かもしれない。でもこのイベントそのものは反省点を踏まえながら続けて実施すべきだと思う。

第2回きみかげの森フェスタ 8月3日開催

第2回きみかげの森フェスタ 8月3日(土)に開催します。

木の体験教室ほか、森のコンサートでは「オカリナ演奏」「ワールドローバーズ」「音楽の森ファミリー」が参加します。

会費は一般2000円、小中学生500円、幼児は無料。受付は10:30、11:00スタート。皆様のご参加をお待ちしています。

ボランティア募集

特定非営利活動法人「きみかげの森」は地域のため、日本の未来を担う子供たちのため、障がいを持つ弱い立場の人たちのために活動をしています。私たちとともに、自然の中で仕事をしてみませんか? 参加ご希望の方は下記までご連絡をお願いします。

【電話番号】0743-84-0300

森と人のネットワーク・奈良
森岡正宏公式ホームページ